トラブルの相談場所

マンションのようなたくさんの方が集まっている集合住宅にはトラブルが付き物。マンションのトラブルで1番多いのが騒音問題なのです。1度トラブルが起きてしまうと、気まずくなってしまったり、気分的には良くありません。
双方で解決できれば問題はありませんが、間に誰もいれずに解決をしようとすると、関係がひどくなってしまう場合もあるのです。では、近隣トラブルが起きてしまった場合に何処に相談すれば良いのでしょうか?

トラブルが起きた場合は、管理会社に相談するのが1番良いのです。管理会社に間に入ってもらうことで、トラブルがいま以上にひどくならないように助けてもらうことが可能です。また、騒音などで迷惑と感じていても、直接抗議をしにいくことに抵抗がある方が多い。そのような時は、まず管理会社に相談をし、対策をしてもらうこともできるのです。
直接抗議をしにいくよりも、管理買会社からオブラートに包みながら注意をしてもらう方が、良好な関係を築けるのです。

マンションのトラブルの中では、最悪な場合、管理会社では対処ができないまでに発展してしまう方もいるのです。そうならないためにも、トラブルが起きた際や、騒音問題などで悩んでいる際は、迷わず管理会社に相談することが良いのです。

管理会社の役割は?

マンションの管理会社の役割について説明します。マンションには管理会社と管理組合があります。管理会社と管理組合には違いがあるのです。

管理組合はマンションに住んでいる方全員が加入して組織を作る必要があります。つまり、マンションの管理を住人全員で維持をするということです。住民全員でマンションの管理を行うことは大変で、それを理由にマンションに住むのを嫌がる方もいますが、ほとんどのマンションは、管理会社にマンションの管理を委託している場合が多いのです。

管理会社のマンションでの役割は、廊下やエレベーター・管理費・修繕積立金の管理と運用・駐車場などマンションに関わる全てを、管理会社が行ってくれるのです。大きなマンションの際は、様々な住人がいますので意見を聞きまとめる必要もあり、管理組合だけでは十分な管理ができないのです。

管理会社は管理組合と「管理委託契約書」を取り交わし、マンションの管理だけではなく、多様なサービスを提供する管理会社も存在します。イベントの開催や、宅配便などの取次ぎ・介護の派遣など、住人のニーズをしっかりと取り入れてくれるのです。マンション選びの際は、希望するエリアや価格だけではなく、管理会社についても確認しながら、マンションの購入を検討することをおすすめします。

マンションについて

マンションはアパートのような小さい共同住宅ではなく、大きい共同住宅のことです。マンションというと、一種のステイタスと感じている方も多いのですが、マンションに住むメリットは何でしょうか?

マンションに住む大きなメリットは5つ。管理者がいること・眺望が良い・様々なニーズに応えてくれる・プランの多さ・安全面なのです。
一軒家とは違う点がマンションには多くあります。一軒家の場合は自分のニーズを反映させることもでき、プランも多いですが、管理者や眺望を望むことは難しい。特に管理者がいるということはとても大きなことなのです。
安全面は、セキュリティ会社と契約をすれば、安全を確保することも可能ですが、経済的に凄く大変です。

管理者がいるかいないかで安心感も違い、マンションの風紀も管理者の力が大きいのです。マンションの中には、もちろん管理者も常時待機しているうえ、セキュリティ面に配慮しているマンションが増えてきました。
防犯カメラやオートロックのあるマンションも多く、そのようなマンションを選択する方が増えているのです。特に女性の一人暮らしでは、安全面について考えられているオートロックを設置しているマンションが好まれる傾向にあります。

そこで、当サイトで何度も出てきている「管理者」ですが、管理者は管理会社から派遣されている場合もあります。管理者の中では、マンション管理士という国家資格を取得した方もいるのです。マンションについてはもちろん、マンションに住むにあたって知って欲しいことなどを紹介しますので、皆様にとって良い情報になれば幸いです。