管理会社の役割は?

マンションの管理会社の役割について説明します。マンションには管理会社と管理組合があります。管理会社と管理組合には違いがあるのです。

管理組合はマンションに住んでいる方全員が加入して組織を作る必要があります。つまり、マンションの管理を住人全員で維持をするということです。住民全員でマンションの管理を行うことは大変で、それを理由にマンションに住むのを嫌がる方もいますが、ほとんどのマンションは、管理会社にマンションの管理を委託している場合が多いのです。

管理会社のマンションでの役割は、廊下やエレベーター・管理費・修繕積立金の管理と運用・駐車場などマンションに関わる全てを、管理会社が行ってくれるのです。大きなマンションの際は、様々な住人がいますので意見を聞きまとめる必要もあり、管理組合だけでは十分な管理ができないのです。

管理会社は管理組合と「管理委託契約書」を取り交わし、マンションの管理だけではなく、多様なサービスを提供する管理会社も存在します。イベントの開催や、宅配便などの取次ぎ・介護の派遣など、住人のニーズをしっかりと取り入れてくれるのです。マンション選びの際は、希望するエリアや価格だけではなく、管理会社についても確認しながら、マンションの購入を検討することをおすすめします。