マンションについて

マンションはアパートのような小さい共同住宅ではなく、大きい共同住宅のことです。マンションというと、一種のステイタスと感じている方も多いのですが、マンションに住むメリットは何でしょうか?

マンションに住む大きなメリットは5つ。管理者がいること・眺望が良い・様々なニーズに応えてくれる・プランの多さ・安全面なのです。
一軒家とは違う点がマンションには多くあります。一軒家の場合は自分のニーズを反映させることもでき、プランも多いですが、管理者や眺望を望むことは難しい。特に管理者がいるということはとても大きなことなのです。
安全面は、セキュリティ会社と契約をすれば、安全を確保することも可能ですが、経済的に凄く大変です。

管理者がいるかいないかで安心感も違い、マンションの風紀も管理者の力が大きいのです。マンションの中には、もちろん管理者も常時待機しているうえ、セキュリティ面に配慮しているマンションが増えてきました。
防犯カメラやオートロックのあるマンションも多く、そのようなマンションを選択する方が増えているのです。特に女性の一人暮らしでは、安全面について考えられているオートロックを設置しているマンションが好まれる傾向にあります。

そこで、当サイトで何度も出てきている「管理者」ですが、管理者は管理会社から派遣されている場合もあります。管理者の中では、マンション管理士という国家資格を取得した方もいるのです。マンションについてはもちろん、マンションに住むにあたって知って欲しいことなどを紹介しますので、皆様にとって良い情報になれば幸いです。